○第十三帖 明石
激しい雨風が続くある夜、源氏の夢に「この島を早く去るように」と故桐壷院が現れ告げました。その翌朝明石の入道が「夢の知らせでお迎えに参りました」と舟で着き、明石の入道宅へ迎えられます。そこには美しい一人娘・明石の君がいました。明石の入道の念願もあり、都の姫君にも劣らない優雅な明石の君と恋仲になる源氏でした。

・The 13th Story - Akashi
In the morning following a stormy night, Akashi-no-Nyudo visited Genji to receive him due to a revelation in Akashi-no-Nyudo's dream. Genji moved to Akashi and was in love with Akashi-no-Kimi who was an only daughter of Akashi-no-Nyudo and was no less beautiful than ladies in Kyoto.