○第二十六帖 常夏
夏の暑さに源氏は夕霧や内大臣の子息達と東の釣殿で涼をとりながら歓談していると、近頃内大臣が引取った娘・近江の君の話題になりました。娘は姿にも動作にも品が無く、早口で、「内大臣の姫君」には程遠く、困っている様子でした。

・The 26th Story - Tokonatsu
Oumi-no-Kimi, who was a daughter of Naidaijin and was received by him, looked unladylike, behaved vulgarly and spoke fast. She was far from "a princess of Naidaijin".