○第五十四帖 夢浮橋
薫の君は横川に僧都を訪ね、死んだと思っていた浮船が僧都に拾われ、出家して小野に住む僧都の妹尼達と暮らしていることを聞きます。浮船に会いたい薫は、彼女の弟・小君に手紙を持たせますが、浮船は人違いとして、小君との対面も手紙の返事も頑なまでに拒みます。
「世の中は夢のわたりの浮橋かうち渡りつつ物をこそおもへ」
*第十九帖「薄雲」で源氏が明石の君との逢瀬に口ずさんだ古歌で(男女の仲は、はかない逢瀬を重ねながら悩みが絶えないものだ)という意。これが「夢の浮橋」の巻名の由来ではないかと言われている

・The 54th story - Yume-no-Ukihashi
Kaoru-no-Kimi visited a monk Souzu in Yokawa. There, he found that Ukifune was alive and now taken care of by sisters of Souzu. Kaoru wanted to see her again and sent her younger brother Kokimi to Ukifune to give his cordial letter. However, she refused to see Kokimi and never received the letter as if she was not Ukifune.