○源氏香
源氏香とは組み合わせた香木の香りを嗅ぎ当てる遊び、組香の一つです。香席では香を「嗅ぐ」と言わず、「聞く」と言います。
香席に五回の聞香炉が回され、香りを聞いた香席の客は、紙の上に右から順に五本の縦線を引き、同じ香りと思う線の上の部分を横線で繋ぎます。五回香りを聞いた後にその図を、源氏物語の巻名が当てはめてある「源氏香之図」の巻名で答え、最後に客の答えと香席の香木を照らし合わせて遊びます。

例えば、一炉目と三炉目が同じ香、ニ炉目と五炉目が他の同じ香、四炉目のみどれとも異なる香であった場合は右の図となり、この組香は「夕霧」となります。この縦線と横線の組み合わせは全部で五十二通りありますが、源氏物語の巻名は全部で五十五あり、最初の巻の「桐壺」と最後の「夢浮橋」、題名だけの「雲隠」には図がありません。
後に、この「源氏香之図」のデザインは独自に用いられる程広く好まれるようになり、「源氏香」といえば源氏香之図のデザインそのものを指すようにもなりました。アールデコのような現在でも新鮮な香りが漂う「源氏香」の意匠は蝉丸の愛するところでもあります。

・Genjiko
This is a game to choose which is a scent out of five trees. They map the scent out and answer the scent in reference to 'Genjiko no zu' (a diagram of the five scents).

源氏香一覧
なし 一帖 桐壺 二帖 帚木
三帖 空蝉 四帖 夕顔
五帖 若紫 六帖 末摘花
七帖 紅葉の賀 八帖 花の宴
九帖 十帖 賢木
十一帖 花散里 十二帖 須磨
十三帖 明石 十四帖 澪標
十五帖 蓬生 十六帖 関屋
十七帖 絵合 十八帖 松風
十九帖 薄雲 二十帖 朝顔
二十一帖 少女 二十二帖 玉鬘
二十三帖 初音 二十四帖 胡蝶
二十五帖 二十六帖 常夏
二十七帖 篝火 二十八帖 野分
二十九帖 行幸 三十帖 藤袴
三十一帖 真木柱 三十二帖 梅枝
三十三帖 藤裏葉 三十四帖 若菜(上)
三十五帖 若菜(下) 三十六帖 柏木
三十七帖 横笛 三十八帖 鈴虫
三十九帖 夕霧 四十帖 御法
四十一帖  なし 雲隠
四十二帖 匂宮 四十三帖 紅梅
四十四帖 竹河 四十五帖 橋姫
四十六帖 椎本 四十七帖 総角
四十八帖 早蕨 四十九帖 宿木
五十帖 東屋 五十一帖 浮舟
五十二帖 蜻蛉 五十三帖 手習
なし 五十四帖 夢浮橋