新作に取り掛かりました!Resumed creative activities.

いよいよ再スタートです!

私の創作スタイルは土(粘土)と火(高温度)によって形を生み出すということです。陶芸家と言ってしまえばそうかもしれませんが、日本で広く言われてきた陶芸家とはかなりニュアンスが異なるのではないかと思います。つまりお茶碗やお皿、壺などを作ってきたわけではないからです。
これまでは猫のモティーフが中心でした。今後も陶土で人形系の作品を制作するということに変わりはないでしょう。しかしこれまでとは異なり、幅広いモティーフにテーマを求め、挑戦していきたいと考えています。そのような観点からすると、陶芸家でもないし、人形作家でもない。Ceramic doll artist(陶人形作家)と考えるのが適切ではないかと思います。

窯焚きも目前

3月24日のブログ記事「創作活動を再開しました」でも触れましたが、以前の窯はとても古く(私が北鎌倉の地に来た時にはすでにあった窯です)、経験と勘が頼りの超アナログでした。昨年の暮に新たな住まいの庭先に設えた小さな小屋に設置した陶芸窯は最新式です。しかもコンピュータ制御!以前は素焼きが限界でしたが、これからは本焼きも可能です。(これが普通なんでしょう)
とは言え、急にすべてを刷新するのは無理なので、今までの技法に新たな手法を取り入れこれまでとは異なった新鮮味に満ちた世界を生み出していきたいです。
現在作品は成形工程が完了したもの、成形途中のものなどいくつかが進行中です。乾燥次第、つまり天候次第ということになりますが、来週中には窯焚きができることでしょう。

猫以外の世界も実現しそうです

焼成後、彩色など完成工程に向かうわけですが、本来であれば絵付け→本焼きというのが夢です。しかしそこに至るにはまだまだ研究と試行錯誤が待ち構えています。この先数年、いや残りの人生すべてを掛けての挑戦になるかもしれません。ですのでまずは素焼きの精度と硬度を高め、そこに彩色という以前のテクニックを踏襲します。主なテーマが猫以外のモティーフということもあり、彩色手法もこれまでとは異なるでしょう。そこに可能性を見出していこうと思います。新作発表はこのウエブサイトから発信していきますのでお楽しみに!

お花に囲まれての日々

話題は変わりますが、新しく転居した住まいの小さなお庭では、日々、春の花々が春の到来を告げてくれています。
敷地内だけでなく、周囲は森林公園と言った趣ですので、どこを歩いても季節の息吹で満ち溢れています。ここ数日は春の冷たい雨、晴れ間を狙っては春の息吹を求めて散策しました。
最新のムービーと庭の花々の写真も添えることにしました。

Semimal at work. / Filmmaker : Tranzoo.com
photo by Tranzoo.com

English

Challenging new expressions.

I have resumed production activities for the first time in about a year and a half.
During the past year and a half, my studio and living environment has changed drastically.
In the summer of 2021, I moved from Kitakamakura, where I had lived for over 30 years, to a residential area in the hills of Kamakura.
My previous workshop was on land surrounded by mountains. The new studio is sunny and blessed with fresh breezes.

Purchased a pottery kiln capable of firing.

The previous ceramic kiln was aging and had limited firing temperatures.
However, the new computer-controlled equipment allows free and authentic pottery production at higher temperatures. This is a breakthrough for me. It was an expensive investment, but I hope it will expand my production possibilities.

The Pain of the Coronavirus.

The period of time during which production was suspended was equal to the period of global calamity. Many events were canceled. Opportunities to sell artwork were drastically reduced, and days of uncertainty ensued. This experience is no different from many others. However, I would like to resume my activities. My desire to create reached a critical point. I will make an effort, seeking an expression that is not stuck in the past. I hope to gain understanding about my work.

Future plans.

During the time of the workshop, many small pieces have been produced with the help of staff, subcontractors, etc. This was because we needed to create the number of pieces required to participate in events. However, there was a downside to this. A large number of pieces were shipped out, and those that remained unsold returned again. The number of those returns increases with the number of times. We needed to dispel this negative spiral. From now on, we will limit our production to original works. We will not copy past works. All works will be limited to one piece. All works will be sold through our website and through overseas art dealers.

Related Posts